社員インタビュー

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、
一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍する
aqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍するaqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

プログラマ
K.K (2018年入社)

aqcessに入社した理由は?また、社会人になって感じたことを教えてください。

私はコンピュータを扱う仕事で手に職をつけられる仕事に興味があり、システム開発会社を探していました。aqcessは、人材紹介会社からの紹介で知りました。
私は今まで多くの会社の面接を受けましたが、「過去の経験よりもこれからプログラマとして頑張りたい」という意欲を評価してくれたのはaqcessが初めてでした。さらに、技術者の育成に力を入れている会社だと聞き、ここでならプロのプログラマとして成長し続けられるのではないか、と考え入社しました。社会人になって1番感じたことは時間の大切さです。
学生の頃に比べると自由な時間というものが少なくなり、その少ない時間をどのように使うかが大切だと思いました。趣味に使う時間と資格取得などの勉強に使う時間を切り替えて効率良く時間を使うことが必要になってくると感じています。

プログラマとして仕事をするうえで、大切だと感じることは?

いちばん大切なのは、社内・社外関わらずしっかりコミュニケーションをとり、仕事を円滑に進められるようにすることだと思います。よく「報・連・相」が大切、という話を聞きますが、本当にその通りだと思います。コミュニケーション能力は、自分のやる気次第でどんどん磨かれていくので、常に上昇志向を持ち、コミュニケーションを積極的に取ってくことが重要だと思います。
また私自身、いつも「疑うこと」を意識して仕事に取り組んでいます。何か問題が起こる前に、いつも立ち止まれるようにするためです。常に「どうすれば良くなるのか」、「何をしてはいけないのか」などと振り返って考えるように意識しています。

技術を身につける上でどのようなサポートが役立ちましたか?

私はプログラミング経験が全くありませんでした。入社してから3ケ月の研修で、社会人としての基礎スキルやプログラミングの基本、Webシステムの開発の仕方まで丁寧に指導していただき、開発に必要な知識と技術を実際に手を動かしながら学びました。自分としても短期間でエンジニアとしてかなり成長できたと感じています。
研修で意識していたことは、考えるだけではなく、自分で実際に手を動かしてプログラムを作成することです。学んだことを実際に手を動かし実践することで、知識を現場でつかえる技術に高めていくことができました。研修でたくさんの演習を解いたことで、エンジニアとして歩んでいける自信をつけるきっかけを頂けたと思っています。

入社して感じたaqcessの魅力を教えて下さい。

上下関係の風通しが非常に良いことです。
困りごとも相談しやすく、自分の意見を言いやすい環境は、aqcessの働きやすさの一つだと思います。
月1~2回開催される勉強会や、日々の業務報告などを通して先輩社員に気軽に質問・相談できる機会が多く設けられていて、疑問や躓きにアドバイスがもらえるのも非常に助かります。また、aqcessにはさまざまな経歴の方が勤めています。そのような方たちと業務を通じて関わる機会が多いため、自分にはなかった物事に対する考え方や価値観、意見などに触れることができます。学生時代では味わえなかった貴重な体験がaqcessでできていると感じます。

これからチャレンジしたいことは何ですか?

設計や要件定義などのシステム開発の上流の仕事を任せられるようになりたいです。そのために、一つ一つの業務に全力で取り組み、知識を吸収し、技術を学び、信頼される技術者に成長できるように頑張りたいと思います。

2020年新卒採用へのエントリーはこちらから

採用試験にエントリー