社員インタビュー

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、
一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍する
aqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍するaqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

プログラマ
Y.K (2017年入社)

入社前は何をしていましたか。また、入社の決め手を教えてください。

私はもともと、スマートフォン向けゲームアプリのデバッガー(動作テスト)の仕事を3年ほどしていました。デバッガーの仕事をしていくなかで、アプリを作ることに興味を持ち、私も自分でプログラムを作ってみたいという気持ちが強くなり、IT関連の企業を中心に就職活動を進めました。モノ作りができるIT企業はたくさんありますが、各社の会社説明会や面接に参加するなかで、aqcessでは特に社員の明るさや雰囲気の良さを感じ、「ここで働きたい!」と強く思えたことが、入社の決め手になりました。

入社後、エンジニアとなるために苦労されたようですが

ITスキルがほぼゼロからのスタートだった自分を根気強く指導してくれた先輩に感謝しています。
入社当時の私は、もともとプログラミング経験も、今は当たり前にできるようなことが全く出来ませんでした。そんな私に対して、先輩の皆さんがじっくりと時間をかけながら、全力で指導してくださったことで、何とか業務を進められるようになりました。そのような先輩に囲まれて仕事ができることは、本当に恵まれていると感じます。また、自分が所属するチーム以外の社員の皆さんとも、定期的に懇親会などで交流を持つ機会があり、「困ったときはいつでも相談に乗るよ」と言ってもらえる先輩も多いので、大変ありがたいです。社員が年々増え、ほかの部署やチームの社員と多くの接点を持つことができるのは、aqcessの素晴らしい文化だと思います。

aqcessで働き続ける理由は?

一緒に切磋琢磨できる仲間がいて、成長し続けられる環境があることです。仕事は常にうまくいくのが理想ですが、ときには失敗することもあります。私自身、プロジェクトで大きな失敗をしてお客様に大変なご迷惑を掛けてしまい、自分には向いていないのではないかと自信を失い、もう辞めようと考えたことがありました。そのとき上司から「反省すべき点はきちんと反省することが必要。しかしそれが済んだら、今からやらなければいけないことに前向きに取り組むことが大切、そのためには全力でフォローするから」と言ってくださり、その後プロジェクトは無事に完了することができました。失敗しても見捨てずに支えてくれる人たちのなかで働けることは、自分の成長に大きく役立っていると感じます。
そして、aqcessにはアットホームな雰囲気や「人」の魅力があります。一緒に働いていきたい、支えたいと思える人がたくさんいる中で働けるのは幸せなことだと思います。

2020年新卒採用へのエントリーはこちらから

採用試験にエントリー