社員インタビュー

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、
一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍する
aqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍するaqcessのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

システムエンジニア
Y.T (2014年入社)

現在、携わっている仕事とそのやりがいは?

現在は、カード会社のシステム開発に参画しています。
ある程度開発も終了したので開発したシステムの仕様変更や修正などを担当しています。機能追加や修正などの実装が多く行われ、たくさんのプログラムで動作しているため、ちょっとした実装を行うだけでも、別の箇所に不具合が発生する恐れがあるなど、影響範囲が広いケースが多々あります。既存プログラムの動作や処理に対する理解が甘ければ、新たな実装を行うときに不具合を生み出しかねないので、事前に調査を行い、有識者の方に相談しながら慎重に作業を進めています。この作業は決して簡単ではなく苦労の連続です。しかしその分、自身が手がけたプログラムが正常に動作したときの達成感は、なんともいえないものがあります。

システムエンジニアに必要な資質とは何でしょうか?

コミュニケーション能力と責任感だと思います。仕事は基本的にチームを組んで複数のメンバーとともに行われる事が多い為、ひとりがいい加減な対応をすれば、ほかの全員に迷惑がかかります。もちろんフォローはし合いますが、それぞれが自分の担当部分に対し最後まで責任を持ってやり遂げるという意識が必要です。相手が何を求めているのか、自分は何が言いたいのか理解した上で相手と対話することが、仕事をする上で必要不可欠だと考えています。

aqcessのどんなところが好きですか?

会社が成長していくなかで、自身の成長を実感できるところです。
aqcessでは、業務のなかで改善を重ねていく文化があり、常に会社の至るところで、改善へ向けた新たな取り組みが行われています。この取り組みは、現在のaqcessの業績向上にもつながっており、会社の成長の過程に、社員という一番近い立場で立ち合えていることに、楽しさやうれしさを感じています。
またaqcessでは、手を挙げると若手でもチャレンジさせてもらえる風土があり、意欲があればさまざまな分野の業務に携わることができます。初めて経験する業務に取り組むときは、自分の未熟さを痛感して苦労する場面も多いですが、周りには優秀な技術者がたくさんいて、その方からどんどん知識を吸収することができます。このように、会社の成長を身近に感じながら、日々の業務を通じて技術者としての自身の成長を実感できる環境にいられるのはとても幸せだと思います。

2020年新卒採用へのエントリーはこちらから

採用試験にエントリー