社員インタビュー

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、
一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍する
AQCESSのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

ITの力を使って、お客様に感動を与え続ける企業になるためには、一人ひとりが自らの持つ力を最大限に発揮することが必要です。
システムエンジニアとしての誇りと情熱をもってシステム開発の現場で活躍するAQCESSのバイタリティあふれる仲間を紹介します。

システムエンジニア
H.N (2012年入社)

現在の仕事内容と、開発をする上で心掛けている事は?

現在、自動車メーカーにて販売システムの案件に参画しています。
お客様が要望するシステムを導入するだけでなく、そこにプラスアルファの提案をしていくことが重要だと考えています。そのために、要望があった部署だけでなく、必ず、他部署からも聞き取りをして事実確認を行い、部分最適な仕様変更にならないよう心掛けています。

仕事の難しさとやりがいは?

私が一番やりがいを感じているのは「お客さまとともにシステムをつくりあげていく」ということです。お客さまの要望を聞きながらシステムの目線で提案することができ、それが実現される達成感はとてもうれしいものです。
お客様の課題を解決するためには、業務理解はもちろん、日頃から何でも相談してもらえる信頼関係があってこそ課題の本質が見えてきます。「本当にお客様のためになることは何なのか?」「お客様が求めている課題の背景は何なのか?」を理解してこそのシステムなのです。システムには決まった形がないため、そこがシステムの難しさであり、面白さだと思います。また、お客様により近いポジションで仕事ができるため、ダイレクトに反応がわかるところが面白いですね。
「便利になった」と言って貰えた時は本当に嬉しく、困難が大きかったほどに「このプロジェクトに関われて良かった。」と思えます。

目指すキャリアは?

よりお客様に近いポジションで仕事ができるエンジニアになっていきたいと考えています。そのためには、設計する力、お客様と交渉する力など、身につけなければならない力がたくさんありますが、与えられたチャンスを生かしながら、達成していきたいと思っています。

2020年新卒採用へのエントリーはこちらから

採用試験にエントリー