アクセス株式会社 | 新卒採用 | 人材育成

HR DEVELOPMENT

人材育成

アクセス株式会社の人材育成方針や育成の仕組み、新入社員の育成フローなどをご紹介します。

アクセス株式会社の人材育成方針や育成の仕組み、新入社員の育成フローなどをご紹介します。

人材育成

『人』は、アクセス株式会社における経営資源の中で最も重要な財産であり、すべての付加価値の源泉です。
ITエンジニア一人ひとりのプロフェッショナルとしての活躍は、当社の人材育成の仕組みによって支えられています。

『人』は、アクセス株式会社における経営資源の中で最も重要な財産であり、すべての付加価値の源泉です。ITエンジニア一人ひとりのプロフェッショナルとしての活躍は、当社の人材育成の仕組みによって支えられています。

教育・研修

アクセス株式会社では、OJT(On the Job Training)による実務経験の積み重ねによって専門性や職務遂行能力を高める人材育成をベースとした教育・研修を実践しています。入社時に行う「新入社員研修」でエンジニアとしての基礎つくり、OJTによって実務経験を積み重ねて基本を構築、プロジェクトローテーションによって専門性や職務遂行能力を高めて、ITエンジニアとしてソフトウェア開発のプロフェッショナルへと成長していきます。当社では、人材育成の過程において、社員一人ひとりの能力向上に応じて、成長する機会とチャレンジするチャンスを与え、意欲と主体性をもって歩んできキャリア形成を実現させていくことのできる環境を整えています。

新入社員研修

新入社員研修の構成

アクセス株式会社 新人研修教材

「新入社員研修」は、これから始まるソフトウェア開発のプロフェッショナルとしての歩みのスタートであり、ITエンジニアの基礎となる力を身に付けることを目的に入社後3か月間にわたり実施します。 新入社員研修は大きく2つのカリキュラムで構成されています。社会人としての基本を身に付ける「ビジネス研修」では、社会人としての心構えやビジネスマナーなどこれから始まるビジネスマンとしての基礎を学び身に付けます。技術者としての知識的基礎と技術的基本身に付ける「技術研修」では、ITエンジニアとしてのITに関する基礎的知識とプログラミングに関する基礎を座学で学びます。そして、スクーリングでプログラミング開発の基礎力を学んだ後、実践での開発能力を身に付けるためのトレーニングを実施します。 新入社員研修終了時には、システム開発現場で求められる必要最低限のスキルを身に付けるとともに、未経験者でもITエンジニアとしてやっていけるという自信を持つことができるカリキュラム構成となっています。

 

新入社員研修におけるカリキュラム(一部)

  • ビジネス研修・・・社会人基礎力の養成、マナー研修等
  • 技術研修・・・パソコン操作、MS-Office操作、IT用語、プログラミング基礎力養成、JAVAプログラミング、SQL、開発力養成、Web開発等

◆ 取得を目指す資格等

ITパスポート(必須)、Java Silver など
*これまでの実績:資格取得 100%

将来を見越したスキルも学習

新入社員研修では、ITに関する知識の習得やプログラミングスキルの習得にあわせ「コンサルティング」についても学びます。コンサルティングの学習では、コンサルティングを行うあたって必要となる論理的な思考方法や業務分析方法を学び、システムエンジニア業務における上流工程への参画を想定した研修となっています。「考える」ことに重点を置いた研修によって、自ら考え行動できるスキルを持ったエンジニアへと成長できるカリキュラムとなっています。

プロフェッショナルを育成する仕組み

プロフェッショナルを育成する仕組み

プロフェッショナルを
育成する仕組み

働く環境 OJT

プロフェッショナルの力を習得し備えるには、3つの取り組みサイクルが様々な局面で有機的に結合し相乗効果を生み出していくことが重要です。

[1]OJT(On the Job Training)

[2]研修(Off-JT)

[3]自己研鑽

アクセス株式会社では、これらのサイクルが1つでも欠けてしまうと、プロフェッショナルとして思うような成長ができないと考えています。

プロフェッショナルの力を習得し備えるには、[1]OJT(On the Job Training)、[2]研修(Off-JT)、[3]自己研鑽の3つの取り組みサイクルが様々な局面で有機的に結合し相乗効果を生み出していくことが重要です。アクセス株式会社では、これらのサイクルが1つでも欠けてしまうと、プロフェッショナルとして思うような成長ができないと考えています。

OJT

アクセス株式会社では、OJTがプロフェッショナルとしての力を備える最良の機会だと考えています。
社員は、自らの業務を通じて、さまざまな知識と技能と経験を身に付けていきます。それぞれのキャリアフィールドにおいて専門性の高い先輩、同僚、顧客と職場を共にし、業務にあたることでプロとしての力を養っていきます。
OJTでは能力に応じた計画的なジョブアサインやさまざまな経験を積むためのジョブローテーションがあり、社員一人ひとりの成長を考えて業務が与えられます。よくありがちな、OJTという名のもとにただがむしゃらに業務をこなす、ということではなく、与えられた役割がTrainingになるように、タスク配分から折々の指導に至るまで、十分に考慮された仕組みとなっています。

研  修

研修は以下の目的で実施されており、目的を達成するために個人の能力に応じたさまざまなカリキュラムを作成し実施しています。

  • OJTで蓄積した知識や技術を体系的に整理、別の角度から見直す
  • OJTでは習得できない周辺の技術や知識について講義を通じて習得する
  • 研修で学んだことを演習をつうじて身に付ける

自 己 研 鑽

OJTや研修といった与えられた場だけでは、プロフェッショナルとしてのさらなる発展は期待できません。あわせて各自の不断の努力が必要となります。特に技術に関しては、その技術を実際に使えるようになり、慣れ親しむまで繰り返し訓練を行うことが必要です。
また、当社では、知識習得のための自己研鑽に関してさまざまな支援を行っています。
例えば社内での情報処理技術者試験や簿記試験など、業務上取得しておくことが望まれる資格については、取得費用の一部補助などを行っています。このほか、会社の認めた高度な公的な資格については、教育訓練休暇や資格手当も支給しています。

ABOUT CULTURE

アクセスの雰囲気を知る

私たちアクセスは、ITのプロフェッショナル集団となるために
一人一人に寄り添った社内教育システムで、
ITエンジニアへとしっかり、じっくりと育成しています。
社員に寄り添うアクセスの姿を数字や写真、FAQでもっと知って感じてください。

私たちアクセスは、ITのプロフェッショナル集団となるために、一人一人に寄り添った社内教育システムで、ITエンジニアへとしっかり、じっくりと育成しています。社員に寄り添うアクセスの姿を数字や写真、FAQでもっと知って感じてください。

働く環境 数字で知る

数字で知る

平均年齢は?、平均残業時間は?、年間休日は?、有休消化率は?・・・などなど、様々な数字をまとめました。

写真で感じる

新人研修や人材育成の雰囲気など、アクセス株式会社の雰囲気や社風を、これまでの取り組みと併せて写真でご紹介します。

働く環境 数字で知る

FAQから知る

これまでに会社説明会などで学生の皆さんからいただいた、働き方や制度など当社に関する質問についてFAQにまとめました。