教育環境

『人』は、aqcessの経営資源の中で最も重要な財産であり、すべての付加価値の源泉です。
一人一人のプロフェッショナルとしての活躍は人材育成の仕組みによって支えられています。

プロフェッショナルの力を育成する仕組み

プロフェッショナルの力を育成し備えるためには、
【1】OJT(On the Job Training)
【2】研修
【3】自己研鑽

の3つが、さまざまな局面で有機的に結合していくことが重要です。
これらのうちの1つでも欠けてしまうと、プロフェッショナルとして思うような成長ができないと考えています。

[1] OJT

aqcessは、OJTがプロフェッショナルとしての力を備える最良の機会だと考えています。
社員は、自らの業務を通じて、さまざまな知識と技能と経験を身に付けていきます。それぞれのキャリアフィールドにおいて専門性の高い先輩、同僚、顧客と職場を共にしています。そのような人材に恵まれた環境で業務にあたることで、プロとしての力を養っていきます。
OJTでは能力に応じた計画的なジョブアサインやさまざまな経験を積むためのジョブローテーションがあり、社員一人ひとりの成長を考えて業務が与えられます。よくありがちな、OJTという名のもとにただがむしゃらに業務をこなす、ということではなく、与えられた役割がTrainingになるように、タスク配分から折々の指導に至るまで、十分に考慮された仕組みとなっています。

[2] 研修

研修は以下の目的で実施されており、目的を達成するために個人の能力に応じたさまざまなカリキュラムが用意されています。

  1. OJTで蓄積した知識や技術を体系的に整理、別の角度から見直す
  2. OJTでは習得できない技術や知識について講義や演習を通じて習得する
  3. ビジネススキル講座では顧客を理解し、ナビゲートするマネジメントスキルや自身で考え周りに伝えて推進する思考力やコミュニケーション力を身に付ける

[3] 自己研鑽

OJTや研修といった与えられた場だけでは、プロフェッショナルとしてのさらなる発展は期待できません。あわせて各自の不断の努力が必要となります。
aqcessでは、自己研鑽に対してさまざまな支援を行っています。
例えば社内での情報処理技術者試験や簿記試験など、業務上取得しておくことが望まれる資格については、試験対策の講座を設けています。このほか、会社の認めた公的な資格については、教育訓練休暇や資格手当も支給されます。

2020年新卒採用へのエントリーはこちらから

採用試験にエントリー